やはり人気のマンション最上階!でも実はデメリット的側面もある?

mansyonue

マンションが高く売れた場合など、「次は、どこかのマンションの最上階に住んでみたい!」という憧れを持っている方もいらっしゃるかと思います。

マンションに住むなら最上階がいいという方は多いでしょう。最近人気のマンションと言えば階数が高いタワーマンションですが、最上階からの眺めは素晴らしく眺望の良さを満喫することができます。もちろんタワーマンションの最上階を購入するためにはかなりの価格を支払うことになりますが、タワーマンションの最上階から楽しめる眺望を考えたら妥当な価格と言えるでしょう。

最上階に住むことのメリットは眺望の良さだけではありません。高い場所になるため、近くに日当たりや風通しを遮る建物がないケースが多いです。窓を開ければ心地よい風が入ってきますし、開けっ放しにしていても人目を気にする必要がありません。

また、最上階は上の部屋からの騒音に悩まされることもないので、静かな生活が送れることも多いですね。

「最上階」はデメリットもある?

しかしタワーマンションの最上階を購入する前に、デメリットもあることを認識しておくことも大切です。まずは価格の高さですが、同じ建物でも階数が違うだけで価格が高くなります。購入価格が高くなれば住宅ローンの返済に響いてきます。

今現在は安定した収入があっても将来的なことを考えると決して楽観視はできないという方もいるかもしれません。住宅ローンの返済期間を短くすることも可能ですから、頭金を多めに入れてローン返済をラクにしておくという選択をするのもいいでしょう。

最上階の場合は蓄熱についても考えておかなくてはなりません。より太陽に近い位置にあるため蓄熱しやすく、夏の暑い時期は他の階と比べてかなり体感温度が違います。蓄熱に対して何らかの対策を行っているマンションなら安心ですが、購入する前に確認することをおすすめします。

最上階にある部屋を防災面から見てみましょう。防災面と言えば火災や地震への備えを考えてしまいますが、下の階にある部屋ならいざという時でもエレベーターを使用せずに外に出ることができます。しかし、最上階ではエレベーターを使用しなければ外に出るまでにかなりの時間を使ってしまいます。ただ、火災や地震の際はエレベーターがストップする可能性が高いので、防災面に関しては販売業者に話を聞いておくようにするのもよいですね。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー