二重床・二重天井は必要?マンション購入前にチェック

heimm

マンションを査定に出して別のマンションの購入を検討する場合、「二重床・二重天井」という言葉に出くわすことがあります。このページでは、マンションに住んでいても普段はあまり意識することの少ない「床・天井」についてお話していきます。

マンション等の床スラブでは二重床と呼ばれる案内がされている場合があります。この場合には、実際に床スラブが二重になっている訳ではなく、つまり、コンクリート等の床板となる、いわゆる構造体のスラブの上に、例えば木組をして木質系のフロアーを張ったり絨毯を張った状態の仕上げのことのいいます。

床スラブが二重となる場合では、本来は、コンクリートがある程度厚みがある中空スラブ等の場合を指し、この場合には配管は全てその中空内部を通って配管がされることになります。それは天井においても同じ意味を持ち、一般的に記載がされているのはコンクリートによるものではないことを意味しています。

マンションを購入する場合においては床下があるか、また、天井裏があるのかでは大きな違いがあり、それは、まず、第一に遮音を上げることができます。

直床では直接階下に音が伝わることになり、床下が無い場合などでは、毛足の長い絨毯を敷くなどの対処法しかなくなります。また、その高さにもよりますが床下があることによって設備の配管を設けることも可能となり、ほとんどはパイプシャフトに集まるもののそこまでの音が他の居住者に聞こえないというメリットもあります。

マンション等で二重床・二重天井になっていない場合にはリフォームをする場合に困ることになります。間取りなどを変える場合では直床ではコンクリートに直接取り付ける必要が生じるためにその音も大きく、他の居住者に迷惑がかかることになります。

マンションで二重床・二重天井の場合ではコストを落とすために床の高さや天井の高さは各部屋とも同じ寸法が多く、この場合には間仕切りも後施工となっていることが多いことから、リフォームで間取りを変える場合などでは、それぞれ、天井と床の間だけを施工すれば良いことになり、比較的簡単に間取りの変更を行うことができます。

また、リフォームでは、コンセントの位置や照明などのライティングを楽しむ場合もありますが、直床でないために自由に配線を持っていくことができ、場合によってはフロアーコンセントの設置も行なうことができます。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー