不動産査定と不動産会社に売却をまかせるということの説明

sankyukagi

自分が住んでいるマンションを売却するためにはまずその価値をはっきりさせなければなりません。売却価格です。買いたいひとに向けて価格を示さないことには買い手はつきませんね。これは当たり前のことでしょう。そのために不動産査定をしてもらいます。

このように売却のための価値を不動産会社が決めることが不動産査定なのです。不動産会社では、いくらなら買い手が付くかをまずは考えます。買い手がつかないと利益になりませんから当然のことでしょう。

そして預かった物件を売却するためにはリフォームが必要になるかもしれません。そのようなケースに於いては、予めその費用も加味して不動産査定が行われます。全て買い手を意識して査定をするのです。ですから売却する立場からすると不満が生じるかも知れません。どうしても不満なら、別の不動産会社の専門家に査定をしてもらうしかありません。

不動産についての知識の全くない素人ではマンションの売却はほとんど無理な話ですから、どうしても不動産会社のお世話になるしかないのです。仲介契約を結び後は不動産会社に任せるしかないのです。これはある意味デメリットかも知れませんが、メリットもあるのです。

もちろん不動産業者の担当者と簡単なやり取りをするだけで、あとはほぼ何もしなくてもあなたのマンションを買いたいお客さんを探してくれるのはもちろん大きなメリットとも言えます。しかし、それ以上に重要なことは、売却後に発覚した建物に関する苦情などを売却する本人に代わり解決してくれるようになるってことですね。

売却する本人でさえ知らない建物上の不具合、例えば水漏れなどです。そのようなトラブルに関して全て不動産会社が解決してくれるのです。この点、不動産査定の難しさがわかります。売却する人は、査定価格が低かったり、また仲介手数料などで費用がかかるのですが、全く知らない他人に売却してくれて、全て責任を負ってくれることを思えば、案外安い出費という風にとらえることができるのかもしれませんよね。

マンションや一戸建て・土地などの不動産を売却する側としては、それは出来るだけ高く売ってほしい。できるだけ高い査定をしてほしいと思うのは当然です。しかし、そこは簡単ではありません。そこには相場が存在するからです。確かな相場、決まりに則った査定と言うものは実はありません。もちろん目安はあるのですが、査定金額はその不動産会社が決めると言っていいでしょう。

実際に物件を見て、いろんな項目をチェックして査定価格をはじき出します。ただ、この金額はこれなら売れるという不動産会社なりの計算された金額と言っていいでしょう。今住んでいるマンションを売ろうとしても、自分ではほぼ不可能でしょう。どこから買い手を探してくるのでしょうか。価格交渉はどうするのでしょうか。これらの重要な事に関して不動産会社はプロなのです。専門家ですから、不動産会社に任せれば、今のマンションはたいてい売却できるでしょう。しかし、そこには妥協が必要になるケースも多いのです。

査定価格はあなたの希望価格よりも下になってしまうこともあるからです。ここでの妥協はどうしても必要です。そうしないと「いつまでもなかなか売れない・・・」なんてことになりかねません。ただ、物件によっては、思いのほか高い査定額が提示されることもあります。購入時はさびれていた街が、売却する時には交通網も発達してガラリと様相を変えた、なんてケースでは嬉しい結果になるかもしれません。

つまり査定額は売れる金額と言い換えて表現をしても良いものかもしれません。この金額なら不動産会社が売れる、と思える金額なのです。これから売却しようとしている人は、その感覚を理解しておくと良いでしょう。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー