不動産の査定前に知っておきたいこと

urimasuyo

自分の所有するマンションなど不動産の売却を考えているならば、まずは売却額の相場を知ることから始めましょう。査定をする不動産業者ごとに重視するチェック項目が違うなどの理由から、査定金額に大きな違いが出ることもあるので、できるだけ高く売るためにも複数の会社にマンションの査定をしてもらうようにすると良いです。

その時に注意したいことがあります。不動産会社に査定依頼をすると、どうしてもその後の仲介契約を勧めてきます。不動産会社は、物件を預かり、代わりに売却することで初めて利益があがるのです。ですから、査定だけではなく、仲介契約を勧めてくるのです。

査定してもらった不動産会社1社だけでの取引ですと、この査定が実施のところ高いのか、または低いのかわかりません。ですから、必ず複数の会社で査定してもらいましょう。

売却時期をまだ先と考えている方や、不動産会社の強引なやり取りを避けたい方などは、まずは、不動産の一括査定を利用すると良いでしょう。

一括査定をすれば複数の業者に間接的に依頼することになります。一括査定をしてもらうとわかりますが、不動産査定は業者によって異なるのです。これは査定に決まった計算式があるわけではないからです。

たとえ築年数や周囲の環境がよろしくなくても不動産業者の判断は違います。みな同じ判断はしません。一括査定をすることで、業者間でどのような違いがあるかもわかりますので、一括査定をしてみましょう。ただしこの価格がその後の実際の売却価格なるとは限りません。

今住んでいるマンションや住宅を引っ越しするために、住まなくなる事情が出来た時、その物件をどうするか、悩むところでしょう。引っ越しを機に思い切って売却するのか。それとも誰かに貸すのか。その場合には不動産会社に賃貸物件として預けてしまった方が良いでしょう。このような決断をする前に必要になるのが、その物件の不動産価値を調べることでしょう。

不動産会社に査定をしてもらうのです。そこで出された金額はその後の決断に大きく影響を与えます。思ったより高値がついた場合には、思い切って売却してしまうのが良いでしょう。

建物は時間と共に古くなりますから、満足いく金額が提示されたなら、今が売り時と判断できます。そのまま済まなくて所有していても税金がかかってきます。

税金を踏まえて、敢えて賃貸として人に貸すと言う人もいるでしょう。この場合には、不動産会社に預けるのが良いです。その土地を離れる人ならば、尚すべきです。建物の管理なども不動産会社に任せて、一括管理してもらうのです。

確かに手数料はかかりますが、自分で管理するには大変手間と面倒がかかるのです。建物の清掃からメインテナンス、入居者、また退去者とのやりとり、家賃の管理など、実は賃貸をするにはすべきことが多いのです。もしも入居者とのトラブルが発生した場合にも、法律に則って不動産会社は対処してくれます。

このように賃貸に「するならば、多少の費用が掛かっても不動産会社に任せるべきなのです。その費用も考えた上で、不動産査定してもらった金額をどう考えるかが問題になってきます。もうひうとつ、考慮したいのが、物件の環境です。街の開発などの計画がある場合には、所有していた方が得することがあります。

一気に路線価が上がり、不動産査定も今以上に上がる可能性すら考えられるケースも中にはあるのです。このようにいろんなケースを考え、そして不動産査定額を基に、どうするのが良いのか、判断しましょう。その時に注意したいことは、査定を依頼した不動産会社からの話を鵜呑みにしないことです。どうしても業者としては、その物件が欲しいものです。

それを元に利益をあげるのですから、当然でしょう。業者の意見は参考にしながら、どいうすれば一番良いのか慎重に決めていきましょう。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー