2020東京オリンピックへ向けての東京の不動産価値

 不動産投資を考えている人は、確実に成功するためには失敗の少ない地域で投資をしたいと考えるでしょう。そういう意味では、現在の東京都は最もリスクの低いであろう地域の一つです。

これからの数年間は、東京オリンピックの開催に向け東京都そのものの魅力を高めるために、次々と都市開発が行われています。よって、都内に新しく魅力的な場所が増えれば、一層東京の不動産価値が高まるため、結果として投資が上手くいくことにつながります。

また、このように考える人が多くいることから、都内不動産に対する需要がある程度の水準を上回って推移することが期待されるため、不動産価値は上昇傾向に進むでしょう。

 しかし、都内の住宅が全て借り手がいるという状況ではなく、空き家が少なからず存在していることを考えると、全ての不動産投資が成功するとは限りません。現在の税制度上で節税効果の高い超高層タワーマンションについては、人気があることが言うまでもありませんが、それ以外の節税効果のなく借り手の確保が難しい住宅であれば、東京オリンピックは関係なく投資価値を見出すことが難しいでしょう。

また、高層タワーマンションの節税効果も今後については疑問があり、税制改正によって、その節税効果は失われてしまう虞があります。そのため、政府の判断一つで、現在の高層タワーマンションの価格上昇トレンドは反転してしまうリスクもあります。

 ただし、東京オリンピックに向けて観光客が増加して、ビジネスホテルの供給不足になることから、新たに民泊という制度を導入する方向に向かっているため、民泊が認められた都内の地域については、不動産投資をする価値が高まるでしょう。民泊の場合、年単位での契約ではなく、最短では1晩しか泊まることがないため、内装をしっかり整え、それなりのアクセスの良さが確保されれば、通常の賃貸投資よりも空室率が低く抑えることができる可能性もあり、不動産投資の魅力が高いと考えられ、不動産価値が上昇すると考えられます。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー