不動産投資での物件購入の流れを解説

不動産投資において投資用物件を購入する場合は、まず物件の選定からはじめることになります。インターネットや情報誌などで資料を集め、それらをじっくりと比較して検討します。資料だけでわかることには限りがありますが、それでも告知事項の有無や違法建築の可能性、物件の基礎的な情報、漠然とした周囲の環境については把握することができますので、物件購入の最初のステップとしてとても大切なことになります。

次に気になる物件をいくつか見つけたら、それらを取り扱っている不動産会社に連絡して物件に関する問い合わせをしてみます。不動産会社に問い合わせればより細かい情報を手に入れることができるうえ、インターネットや情報誌にはまだ反映されていない新しい物件の情報を教えてくれることもありますので、これらの会社は積極的に活用するといいでしょう。

購入対象となる物件をある程度絞り込むことができたら、今度は実際にそれらの物件を見学します。不動産会社に連絡して物件を案内してもらいましょう。実際の見学では室内のリフォーム状況や内壁、天井などのシミやカビの有無などをチェックし、外観の劣化具合もきちんと見ておきます。駅までの距離やコンビニやスーパー、公園の配置など生活環境についても確かめておくことが大切です。

気になることは不動産会社の担当者にしっかり確認しておき、できれば近所の人に生活環境について話を聞いておくといいでしょう。

購入する物件が決まったら収支計画を策定します。これは素人には少々難しいので、不動産会社のアドバイスを受けて策定しましょう。銀行の融資を受けるのであれば資金計画も必要です。収支計画や資金計画はプロの力を借りて正確かつ慎重にすることが重要であり、無理な計画を押し通せば破綻することになりかねません。この時点で無理があるのであれば、投資を一度見直すことも必要です。

不動産投資にはメリットだけでなくリスクもあります。ですからプロである不動産会社のアドバイスを積極的に活用することが非常に大切です。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー