不動産投資と節税の話

近年では低金利時代を迎えていることで投資などを考える方が増えていることが特徴です。株やFXなどを行っている方も多い傾向にありますが、一方では不動産投資を積極的に行っている方も増えていることも事実です。不動産投資の方法であれば、将来的に継続して家賃収入を見込むことができる方法になることから、大きな収益を期待できるものとして取り扱われています。

不動産投資の方法では、一部では節税に効果的と言われることがあり、人によっては反論される方が存在していることも事実です。この点に関しては実際に節税に成功できる事例なども存在しているので、予め学習を行った上で不動産投資を始めることもおすすめの方法です。

節税については、サラリーマンとして普段は仕事をしている方が不動産を購入して家賃収入を得ている場合では、会社での給料から所得税が差し引かれていることになります。しかし、不動産運営を行っていて、赤字の決済になった場合では、確定申告を行う方法で、サラリーマンとして支払っている所得税から還付されることが基本です。

実際に赤字になる要素としては、例えば物件をリフォームしたりリノベーションを行った際には、年間の家賃収入を大きく超えて赤字になってしまうことがあります。このような状態であれば確定申告を済ませる方法で、還付金を得ることができ実際に節税を行うことができる内容です。

次に減価償却費を考えることができます。帳簿上で減価償却費を計算に入れた場合では、実際にはプラス収支になっていても、帳簿上では赤字となってしまうこともあり、このケースでも所得税の還付を受けることができます。ただし、減価償却費の計算では将来的には効果が無くなってしまうものと解釈することもできるので、永年にわたって利用できる内容ではありません。

それでも、必要経費に関しては家賃収入から差し引くことができるので節税を行うことも不可能ではなく、その際にはしっかりと確定申告を利用することが基本です。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー