「J-REIT」という不動産投資のかたち

不動産投資は、個人が物件取得をして、回収と共に収益を上げてくものです。しかし、不動産投資はそれだけではありません。どちらかというと、投資信託と呼んでいいものがあります。それが「J-REIT」と言う不動産投資です。基本的には普通の不動産投資と同じです。ただ、「J-REIT」は、不動産投資法人と言ってもいい会社の様な形態で運営されているのです。

投資するには、まずこの団体から投資証券と言う「株式」に近いものが発行されますから、それを購入します。そこから得た賃貸収入、売買益等を資金を託した投資家達に分配金として還元をしていくと言うかたちなのです。このかたちは元々アメリカで出来た仕組みです。「J-REIT」とは「Japan Real Estate Investment Trust」の略です。なかなか理解ができない人には、株式売買と同じと思ってもらっていいでしょう。

実際、証券取引所でJ-REITの取引が行われる事で価格が決まります。この価格が重要ですが、価格は投資家達の需要と供給で常に変動していきます。ここで利益がでれば、投資家たちに分配金と言う形で支払われます。
この分配金の分配は通常算毎に出されます。年1回、年2回が大体と言っていいでしょう。

また、銘柄によっては税制面でのメリットも有るのが、魅力のひとつでしょう。また、比較的分配金を投資家に出しやすい不動産投資で有る事も魅力です。いい事ばかりではありません。価格自体が暴落してしまえば、損害を受けることになります。ただ、この手の投資は、投資する金額は多くはないので、個人が最初に行う不動産投資としておススメしたいものです。ひとつの経験として投資の入門者にはこれで、投資というものを知ることができることでしょう。

「J-REIT」のメリット

不動産投資のひとつに「J-REIT」があります。これは個人での不動産投資のケースに比べて言えるのは、多分に株式投資に近いものがあります。それ故のメリットがありますからここで紹介しましょう。

○少額からの取引ができること・・・個人で不動産投資では、物件取得から維持、そして経費など、かなり高額な資金が必要になります。しかし「J-REIT」は違います。多くの投資家達から集めた資金を基にして運用するために、投資する誰もが少額で済むメリットがあります。ですから失敗した場合のリスクは少額で済むのです。

○分散投資が出来る・・・少額から投資できますから、ひとつだけの投資ではなく、あちこちの案件に分散投資をする事が出来るのです。

○専門家による運用・・・この「J-REIT」は不動産投資のプロが運用をしてくれますから、投資の経験がない素人でも、どこに投資すればいいのか、それほど悩むことなく、判断ができなくても大丈夫であり、すぐに投資が出来るのです。

○利益がほとんど分配される・・・「J-REIT」で不動産投資によって得られた収益は、投資家に分配される仕組みとなっています。

○常に取引可能です。・・・「J-REIT」は上場の団体です。株式と同じ様に、購入や売却が自由にいつでもできます。

このように、「J-REIT」には、様々なメリットがあります。個人での不動産投資のようなハードルの高さはありませんから、「J-REIT」で投資して利益をえることももちろん出来ますし、ここで不動産投資の経験を積んで、将来的に個人で投資するのもひとつの手と言えるでしょう。

「J-REIT」のデメリット

先に「J-REIT」のメリットを紹介しました。しかし、メリットばかりではありません。当然デメリットもあります。「J-REIT」に投資する前にデメリットも十分理解しておくことが重要です。ここで「J-REIT」のデメリットを紹介していきましょう。

○不動産価値の低下・・・購入した時の価値がそのまま続くことはあり得ません。常に変動しますから得をすることもありますが、デメリットとして当然不動産価値が下がった場合には損をすることになります。ですから常に変動している金利環境、市場、世界情勢等、を自分なりに分析することが求められます。ITが保有している不動産の価値が低下し、賃料収入や売却益が減少してしまうと言う事が考えられます。

○金利変動による低下・・・「J-REIT」は、多くの投資家から資金を調達し、そのお金を基にして運営をします。しかし、その他にも金融機関から借り入れをして増資をするような形で運営をしている場合も有ります。
この場合、もしも金利変動が起きてしまい、金利が上がった場合には、分配金が低下してしまうことがあります。

○地震・火災での損害・・・これは個人の不動産投資の場合にも言えるのですが、「J-REIT」の保有している不動産が地震や火災等の被災をした場合、当然収益に影響を及ぼし、分配金や売却金等が低下してしまうことになります。しかし、個人での投資額よりは大抵の場合少なくて済むでしょう。

○「J-REIT」自体の衰退・・・「J-REIT」は上場団体です。一般の企業と同じく、業績が悪化すれば、上場は廃止するでしょうし、場合によっては倒産もあり得ます。そうなれば、価格は下落し、取引が停止してしまう可能性があります。

この様に、「J-REIT」には、メリットもありますが、同時にいくつものデメリットやリスクがあるのです。ですから、よく考えてから「J-REIT」に投資をするようにしましょう。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー