不動産投資するならシングル物件?ファミリー物件?

シングル物件への投資の場合

不動産投資と言っても扱う物件によって、投資額から、経費、また維持のための注意事項などは違っています。そしてメリットもデメリットも違います。シングルの物件を取得して投資をしようとしている人のためにも、そこのところは充分理解しておくことが重要です。またこれから不動産投資を考えている人も、どのタイプの物件に、どんな特徴があるのか。良く理解しておくと、他の物件との違いがはっきりして、選ぶ際の参考になる事でしょう。是非参考にしてみてください。

「シングル物件」の特徴はなんでしょうか。まず言えることは都会ほど、その需要が高いと言えます。また近年、未婚率が増加傾向にありますし、単身赴任者、そして1人暮らしの需要が高くなっています。

シングル物件の場合には、駅から近い事、周りにお店がある事等、多少家賃が高くても利便性が高い物件が好まれます。独身者は自由になるお金が意外に多いものです。住居に、そして環境に贅沢を求める人が少なくないのです。このとうな重要にあった物件探しがあ鍵になります。

またシングル物件というのは、狭い部屋であってもそれなりに家賃を高く設定出来るのです。ですから広さと収益で考えるとシングル物件の方の方が収益性が高いと言えます。これが大きなメリットでしょう。しかし、同時にデメリットがあります。独身者故に入退去が頻繁なのです。これはつまり、空室になる機会が多いとも言えます。ですから、常に入居に関して気を遣うことになります。これはデメリットですね。投資してはい終わりではないのです。管理が大変になるのです。このように、シングル物件に、メリットとデメリットがあります。同様にファミリー向け物件にもメリット、デメリットがあります。比べて自分に合う投資をすると良いでしょう。

ファミリー物件への投資の場合

不動産投資は、投資する物件の種類によって、その後の対応が違ってきます。またメリット、デメリットも違います。どんな物件に投資するのか。その判断のためにも、いろんな物件のケースを良く知ることは大事です。シングル物件に関しては、先に述べました。ここではファミリー向けの物件について考えてみましょう。ファミリー向けの物件ももちろんメリットもあればデメリットがあります。最終的には投資する方の判断となります。まずは、よく調べることが重要です。

さて「ファミリー物件」のメリットです。まずは、単身者向けの物件と違い、お落ち着いた入居状態ということが挙げられます。ですから安定した収益が見込めます。ファミリーの入居というのは、転勤などが単身者に比べて少なく、特にお子さんの転校などが関わりますから、簡単に引越しに踏み切れません。ですから自然長期入居になりやすいのです。これは大きなメリットでしょう。

空室の期間が短くなる可能性が高いと言えます。しかし、当然同時にデメリットはあります。賃貸でかかる費用よりも新築をして所有する方が良いという計算をする人もいるのです。長い目で考えた場合、いつまでも賃料を払い続けても、自分のモノにならない。それなら最初から購入したほうがいいという判断です。戸建ても以前より安く購入できるケースもあります。これは単身者にはない考えであり、ファミリー故の事情です。

その影響もあり、ファミリー向け物件への入居が減少する現状も理解しておきましょう。ファミリー向け物件は単身向けよりも家賃が高く設定してありますから、一度空室となれば、収入の減額は大きくなることでしょう。また、入居時にかかるリフォーム費用はシングル用に比べて広い分、費用がかかります。これもデメリットと言えるでしょう。こうしたデメリットをしっかりと理解した上で、不動産投資を気めましょう。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー