2018年頃までは都市部のマンション価格は上がる?売るなら今?

tosiman

マンションの価格というのは需要と供給のバランスで決まるものです。人気の場所であるほど、高値がつきます。

東京では、2020年に再びオリンピックが開催されることに決まりました。オリンピックとなれば、競技場の建設や外国人観光客の誘致を行うために、様々な開発が行われます。それゆえに、普通なら東京都市部のマンション売却価格は急上昇する、というのが流れです。

しかしながら、東京の場合には、インフラも整っていますし、コスト削減ということもあって既存の施設を有効活用するという方向で進んでいます。そのため、観光業や小売業に比べて、建設業に対する東京オリンピックの特需は小さいという見方もあります。

ただし、値上がりをしないわけではありません。

中国の投資家が資産運用のために、東京都内のマンションを購入している動きもあるからです。ですから、オリンピック前の2018年頃が地価上昇のピークになるのではないか?という予測があります。

もし、マンションの売却を考えているのであれば、ピーク前に売っておけば、売却価格が下がるリスクを抑えることができるのです。注意点としては、地価の上昇が起きているのは、主要な駅周辺や観光スポットの周辺、というごく狭い範囲にとどまっていることです。

ですから、オリンピックの開催会場から遠かったり、観光名所がないという地域では、オリンピックの需要は地価にあまり影響しないと考えられ、売却のタイミングは異なります。ちなみに、オリンピック終了後のことを考えると、売却をするべきかどうかという判断は難くなります

なぜかというと、競技場などがオリンピック終了後に、どのような運用をされるのかによって、恒常的な需要が出てくるかもしれないかです。

一方で、選手や観光客が去ったことで、マンションの需要よりも供給が上回り、地価の下落してしまうかもしれません。

そうなればマンションの売却価格が下がるリスクも有りますから、情報収集を怠らず、状況をよく分析する事が必要です。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー