マンション売買の際に目にする「オーナーチェンジ」ってなんですか?

mankei

マンション物件を探している方は、売りに出ているマンション物件の広告を見る機会が多いでしょう。

そんな中でオーナーチェンジという見慣れないワードを目にすることがあります。このオーナーチェンジとはマンションのオーナーが自分で住むのではなく、投資用の物件として所有しているということになります。

つまり投資用のマンションとして購入し、賃貸借契約を結んで賃借人から家賃収入を得るという不動産投資になるのです。

オーナーチェンジ物件として売りに出ているマンションは、自分が住むためのマンションを探しているのではなく投資用のマンションを探している方向けにあると思っていいでしょう。

もちろん賃貸借契約の期間が終了すれば入居している賃借人が退去することになるため、賃貸借契約期間中は家賃収入を得て、退去した後に自分が住むという方法もあります。

マンションを購入すればローンを返済していかなくてはなりませんが、家賃収入をそのまま返済にまわすことができるので心配はいりません。

マンションのオーナーとして投資用の物件を探している方なら、現在の賃借人が退去した後も引き続き賃貸物件として新しい入居者を探さなければなりません。この場合は賃貸物件を扱っている不動産会社に依頼をすれば、入居者の募集から賃貸借契約の締結、物件の管理、退去後の原状回復等を全て任せることができます。

不動産投資が初めての方は何かと不安がありますが、物件管理を行っている不動産会社を選べば自分で行うことはほとんどありません。しかし、物件を所有する上である程度の知識は身につけておく必要があるでしょう。

例えば敷金返還義務についてですが、通常賃貸物件は賃貸借契約の時に敷金を預かります。あくまでも預かっているお金になるため、退去する時は敷金返還義務という決まりに従って預かっている敷金を返還しなければなりません。

敷金に関してはトラブルに発展するケースが多いため、敷金返還義務の内容を熟知しておきましょう。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー