不動産の評価は「固定資産税評価額」でカンタンに知ることができる?

zeiie

不動産の評価は金額で表されるのが一般的ですが、この評価額の知り方は対象が土地か建物かによって異なります。

建物の場合

まず、建物の評価を確認したい場合は固定資産税評価額を閲覧すればわかります。固定資産税の評価については、何も手続きをせずとも、住所地の市町村役場から自宅に送られてくる納税通知書で納付税額とあわせて知ることができます。

もし、納税通知書をなくしてしまった時は、市町村に対して固定資産評価証明書の発行を請求したり、市町村役場に行って固定資産課税台帳を閲覧することで固定資産評価額を知ることができます。

建物の固定資産税評価については3年ごとに評価替えが行われるので、きちんと確認しておく必要があります。

なお、この評価替えのタイミングは建物が建てられてからの経過年数で決まるのではなく、基準年度と呼ばれる時期が来た時に一斉に行われる仕組みになっています。

土地の場合

一方、土地の評価については、固定資産税評価額を知りたいのであれば建物の場合と同様に、納税通知書や固定資産評価証明書などで知ることができ、評価替えについても建物の場合と同じ方式で行われます。しかし、土地の評価を知る場合に注意しなければならないのは、土地の評価は固定資産税評価額以外にも表現方法があるということです。

固定資産税評価額以外であらわされる土地の評価の代表といえる例は、相続税評価額です。これはその名の通り、相続税の算定の基礎となるものですが、評価額の算出は主に路線価をもとに行い、路線価が定められていない地域については固定資産税評価額を参照して行うことになっています。

相続税評価額は、路線価や土地の面積、借地権割合などがわかれば計算することができますが、このときの計算結果は概算に過ぎず、正確な評価額を知るためには不動産鑑定士に評価を依頼する必要があります。

固定資産税評価額の知り方は簡単で、建物の評価を参照したい場合はこれだけでほぼ十分ですが、土地の評価を知りたい場合は目的によっては他の評価額を参照しなければならない場合がある点は留意しておきましょう。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー