最初は家賃が無料?「フリーレント」の賃貸マンションの魅力

今住んでいる分譲マンションを売却して、賃貸マンションへ変更予定だ、という方もいらっしゃるかと思います。

転勤・離婚が原因の場合の引っ越しや、住んでいるマンションの売却値段が高かったから、とりあえず売ってしまって、今後は、賃貸マンションに住もう! というケースもあるでしょう。

賃貸マンションを探していると、物件紹介の欄でフリーレントという文字を見かけることがあります。

freedesu

「フリーレント」って何?

フリーレントとは、その名の通り家賃を払わずに賃貸マンションが借りられるという物件になります。

しかし、いつまでも家賃がタダというわけではもちろんなく、最初の何か月間だけがタダになるという仕組みです。

賃貸マンション等の不動産物件を借りる時はかなりの初期費用がかかるため、利用者にとっては大きな負担に感じられます。賃貸借契約を結ぶ際の初期費用には、前家賃をはじめ敷金や礼金、仲介手数料、火災保険料といったものが含まれます。

最初に支払う初期費用だけで家賃の5ヶ月分から6ヶ月分という金額になることもあるため、初期費用がかからないフリーレントは魅力的な物件と言えます。

デメリット的なことはないの?

フリーレント物件はメリットしかない物件のように思えますが、あらかじめ注意点を確認しておかないと後々損をしてしまう可能性もあるので気を付けましょう。フリーレントの注意点は契約する時よりも解約する時にあります。

賃貸マンションを解約する時は敷金が戻ってくることはあっても違約金が発生することは滅多にありません。

しかし、フリーレントは最初の数ヶ月間が無料になっているため、解約する際に違約金が発生することが多いのです。フリーレントの期間だけ住んで、すぐに解約したのでは賃貸マンションのオーナーとしては大きな損失となります。

そのような観点から一定期間は住み続けることを条件としてフリーレント期間を設定しているのです。注意点さえ確認しておけばメリットが感じられる物件ですから、長く住むことが決まっている時はぜひ利用するといいでしょう。

フリーレントといっても全ての物件が敷金なしというわけではありません。物件によって敷金の対応は違ってきますが、たとえ敷金を払っても家賃が一ヶ月でもタダになれば節約に繋がります。

フリーレントの賃貸マンションを探してみたい時は、不動産物件サイトでフリーレントを条件設定してから検索するといいでしょう。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー