あなたはどっち派?一戸建てvsマンション | 税金・便利さなど比較

自宅マンションを売って、住み替えるという場合、別の分譲マンションを購入して住むこともありますが、「今まではマンションに住んでたから、売却したお金を頭金の一部にでもして、今度は一戸建てにも住んでみたいナ・・・」という方もいるかと思います。

マイホームを購入する時、多くの方が迷うのは一戸建てとマンションのどちらを選ぶかでしょう。都心部などにマンション購入予定の方には、郊外に一戸建てを買って通勤をする、という選択肢と迷われることも多いですよね。

valueprice

どちらにもそれぞれメリットがあるため、ライフスタイルに合わせて選ぶというのが答えになるでしょう。

一戸建てやマンションといった不動産物件は、将来的な資産価値も考慮したうえで購入しなければなりません。不動産は売却することもできるので、購入した時点から資産価値があまり下がらなければ売却しても損をすることはないってことになります。

特にマンションの場合は利便性の良さに重点を置いているため、資産価値が下がりにくい物件が少なくありません。駅から近くて交通アクセスの良いマンションなら比較的高く売れることが多いですが、交通アクセスが不便なマンションは築年数が経過した時の資産価値を検討したうえで購入するかどうかの判断をしましょう。

ファミリーの場合、子供が遊びやすいという意味もこめて、土地付き一戸建てを希望する方もいますが、シングルやDINKSといったライフスタイルを希望する方の場合は土地よりも利便性の良さを重視するでしょう。現在だけでなく将来のライフスタイルも見据えてマイホームを選ぶ必要があります。

マンションの場合は共有部分が充実しているなどしますので、個人的にメンテナンスを行わなくても良いというメリットがあります。マンションの共有部分にはセキュリティーに関する設備が充実していますし、ゲストルーム等の便利な施設の用意があるところもあります。共有部分が充実していると生活が豊かになるという点もマンションの魅力の一つです。

マイホームは定期的にメンテナンスを行わなくてはなりません。一戸建ての場合は全て自分で行うのに対して、マンションは管理会社や管理組合がメンテナンスを行っていることが多いでしょう。その点では気楽でいられます。

固定資産税はどちらもかかりますが、固定資産税額を比較すると一戸建ての方が安くなるとされています。一戸建ては建物の固定資産税評価額が低くなる傾向があるため、マンションよりも安くなることが多いのです。

▲ページトップに戻る

レンタルサーバー